当サイト厳選!公務員は必見!

公務員に医療保険は不要でも「がん保険」だけは必要!がん保険比較




こんちには、まっちゃん@公務員妻です。

以前の記事で公務員に医療保険は不要と紹介しましたが、ご覧になってくれましたか?

記事に書いているように公務員は医療保障が充実しているので、民間の医療保険に加入するメリットはほとんどありません。

サクッとおさらいしましょう。

公務員に医療保険が不要な理由

高額医療制度が利用できる
共済独自の附加制度が充実
・どんなに医療費が高額でも毎月の個人負担は  25,000円だけでいい

見て頂いたように公務員が加入している共済組合は、医療保障が充実しています。

従って、公務員の方が民間の医療保険に加入する必要はありません。

しかし、職場に保険の外交員が来訪することから、必要以上に無駄な医療保険に加入している公務員って本当に多いです。

うちの旦那もそうでしたが、

我が家はこのシステムに早く気が付くことができたので、保険を見直しただけで年間24万円ものお金を節約することに成功しました。

ただ、公務員でも加入しておくべき医療保険が1つだけあります。

それは、

がん保険です。

今回は、基本的に医療保険が不要な公務員でも、

がん保険だけは加入した方がいい理由と、

少しでも掛け金が安く済む方法をシェアします!

がん治療は本当にお金がかかる

日本人の死因No1であるガン。

今では2人に1人が罹患すると言われています。

がんと診断された場合、治療に必要な期間は長期間となりますし、それだけ治療に必要なお金も必要になってきますよね。

公務員であれば、どんなに高額な医療費がかかっても、高額医療制度と共済独自の附加給付制度を組み合わせることで、1ヶ月の個人負担は25,000円程度。

1回の入院、もしくは1回の治療で治せる病気であればいいのですが、がん治療の場合は治療が長期化します。

例えば、がん保険に加入しておらず、治療が4ヶ月かかったとします。

その場合、高額医療制度と附加給付制度を組み合わせたとしても、4ヶ月の医療費は10万円です。

そこに投薬費(処方される薬)も必要ですし、当然ながら仕事は休むことになりますので、手取りの給料は平常時と比べると減額されます。

これらの問題をクリアするためには、通常の医療保険だけではカバーできませんし、医療保障が充実している公務員でさえ、がんの保証まではカバーできません。

だからこそ、公務員でもがん保険への加入だけはオススメします。

がん保険のメリット

まず、がん保険の保証内容があるか見てみましょう。

入院や手術に関しては、民間の保険に加入していなくても、共済組合の保険(保険証)を使うことで、月額最高25,000円の自己負担でOKですが、赤字で書いている内容については、がん保険に加入していない場合は全て自己負担となります。

がん保険の診断給付金

がん保険に加入していれば、がん(悪性新生物)と診断されると、診断給付金として100万円から200万円が支給されます。

ただでさえガンと診断された場合、精神的なショックは想像を超えますよね。

追い討ちをかけるように、ガン治療は長期戦となりますので仕事は休むことになります。

そうなった場合、受け取る給料もガクッと下がってしまいますよね。

そんな時に役に立つのが診断給付金です。

これはがん保険に加入していないと受け取れない給付金です。

放射線治療給付金

ガン治療に放射線が使われることがあるのはご存知ですよね。

一般的な放射線治療の場合、公的保険の対象となりますので共済組合の制度が利用できます。

しかし、放射線治療は肉体的にも精神的にもストレス。

そこで、がん保険では放射線治療給付金を設けています。

所定の放射線治療を受ければ給付金が受け取れる制度です。

キツイ時くらいお金だけでもあると助かりますよね。

抗がん剤治療給付金

抗がん剤治療は日々進化しており、様々な抗がん剤が開発されていますよね。

ただ、薬の種類によっては公的保険が使えない可能性もあります。

そんな時に役立つのが「がん保険」です。

抗がん剤治療給付金を利用することで、抗がん剤治療に対する給付金が受け取ることができます。

先進医療給付金

がん保険の魅力の1つは先進医療給付金です。

先進医療の場合、効果的な治療方法が確立されているにも関わらず、国から認可を受けていないがために、公的保険での治療を受けることができません。

つまり自費です。

その額、数千万円になることも・・

そこで役に立つのが先進医療給付金です。

がん保険では先進医療給付金が設けられていますので、保険適応外の治療を受けたとしても、先進医療給付金を使うことで治療を受けることができます。

お金があれば治療できた。

お金がないから治療できなかった。

こんな悲しいことだけは避けたいですね。

ガンの入院治療日数は短くなっている

近年、ガン治療では入院日数がどんどん短くなっています。

これは医療の発展に伴ったものですが、入院日数が短くなることで、どんなデメリットがあるでしょうか?

大半の保険では入院1日につき5,000円から10,000円が支払われます。

従って、入院中の医療費はカバーできると思いますが、大事なのは退院してからの通院です。

ガン治療の場合、外来(通院)での治療も多く行われています。

もちろん通院する度に窓口で医療費を支払いますよね。

これが相当な金額になっちゃいます!

しかし、がん保険では外来(通院)給付金を設けていますので、退院後の通院治療もカバー範囲。

これは医療保障が充実している公務員でも、ここまではカバーされていません。

なので、公務員でもがん保険だけは加入しておいた方が無難です。

がん保険の加入方法は?外交員の保険は高すぎる

公務員でもがん保険の加入は必要ですが、

職場に来る外交員が提案してくる保険に加入するのは、

しっかりと考え直した方がいいです。

というのも、外交員に営業させている保険会社の場合、どうしても人件費が必要ですから、それだけ保険料が割高に設定されている可能性が高いです。

同じ保証内容なのに、A会社とB会社では毎月3千円も差があった!なんてことは逸話の話です。

がん保険への加入は「i保険」で比較すべし!

保険商品は非常に多くの種類があるため、どの保険に加入すべきか悩みますよね。

そこで私がオススメしたいのが保険を一括で比較できるi保険です。

i保険の優れている点は、様々な種類の保険の資料を無料で一括請求できるんです!

また、希望する保険種類と年齢、性別の入力だけで複数の保険料を一発検索できるため、煩わしい検索は必要ありません!

特定の保険外交員に聞くと自社商品しか勧めて来ませんが、一括で保険料を比較できるi保険では、自分の目で、一番最適な保険を比較することができます。

イメージ的には「価格.com」の保険版みたいな感じですね。

また、ご自分が調べたい保険のランキングを現在進行形で見ることもできます。

例えば、がん保険のランキングを見てみるとこんな感じです。

ランキング上位ということは、それだけ人気がある保険ですから信用できます。

また、がん保険だけではなく、女性特有の保険、学資保険、個人年金等の保険もランキング形式で検索することができます。

また、i保険 は保険料を一括で検索できるだけでなく、保険についての総合情報サイトですから、とにかく保険について詳しく勉強したい、老後のことをシミュレーションしてみたい方など、本当にオススメな情報が満載です!

がん保険や医療保険は一括資料請求が最もお得に加入できる方法

いかがだったでしょうか。

医療保障が充実している公務員でもがん保険は加入すべき保険です。

そして最もお得に加入するためには、

複数の保険資料を一括請求して比較すること。

もちろん資料請求は無料ですから安心です。

参考までに私が保険を見直した方法は、

i保険で一括請求した資料を持って保険見直しラボのコンサルタントに相談しました。

どちらも無料ですから使わない手はありません。

自社商品しか勧めない保険外交員はオススメしませんよ〜

保険の総合情報サイト

i保険

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をシェアしよう!


自分に合った資産運用方法が分かる!

まずは自分に最適な資産運用方法を診断してみよう!