持ち家の人必見!火災保険を使ってお金が貰える方法




こんにちは、まっちゃん@公務員妻です。

最近は無駄な保険の見直しにはまっています!

特に医療保険と自動車保険はマジで見直しをお勧めします。

ちなみにうちは、それだけで年間30万円も節約できていますよ!

さて、本題に戻りますが、

今回紹介する方法は目からウロコでした!!

なんと!!

加入している火災保険を申請してお金が貰える方法があったんです!

もちろん正当な方法で。

簡単に言えば、

貰いそびれている保険金を受け取る方法です。

加入していることすら忘れがちな火災保険。

マジで目からウロコ!

持ち家の人は最後までじっくり読んでくださいね!

火災保険を使ってお金をもらうってナニ?

持ち家の方(戸建・マンション)は火災保険に必ず加入していると思います。

今回は、その火災保険を使って保険金を申請するのですが、

そもそも火災保険は火事以外でもOKってご存知でしょうか?

9割以上の火災保険は、ほとんどの自然災害(地震以外)にも対応しています。

当たり前のように思えますが、

これを知らない人って結構います。

今回紹介する方法は、この自然災害(地震以外)が原因の被害を申請して保険金を貰う方法です。

ポイント

被害日時や原因が不明でもOK

火災保険を使ってどのくらいの金額が貰えるの?

お家の保険相談センターが扱う台風・大雪・地震の物件被害調査プログラムを利用して火災保険を申請した場合、どのくらいの金額が保険金として貰えるのでしょうか?

画像を見てもらうと分かるのですが、

「え?こんな小さな被害で?!」

と思うような損害でも保険金が支払われています。

今回の方法を利用した場合、平均して80万円もの金額を受け取ることができます。

これまた画像を見てもらうと分かるのですが、

被害部位は梯子を使って見ないと分からない場所が多いですよね。

つまり!!

台風や大雪の被害とは、普段、お住まいの方でも気づかないような
目視で分かりにくい軽微な被害が全体のほとんどを占めています。

その為、申請すれば受け取れるはずの保険金をもらいそびれている方がとても多く、
一見被害が何もないように見える家でも、築5年以上の一戸建ての約70%以上で、平均80万円ほどの保険金が下りています。

火災保険を申請する実際の流れ

火災保険を申請するには書類や写真の提出など、

結構な作業が必要になるのですが、

台風・大雪・地震の物件被害調査プログラムでは、そのほとんどを代行して行ってくれます。

梯子を使って調査するのも面倒ですし、

また、いつの被害か分からないものを申請すれば、保険会社から却下されてしまう可能性が高いですが、今回の方法を利用すれば、面倒な書類作成までサポートを受けることができます。

利用料金は?

自宅の破損個所を修理したいと思っても、

業者に依頼すれば調査料金が発生することが多いですよね。

今回の方法では、手出し料金は一切不要なんです!

現地調査を行っても破損個所がなければ請求されることはありませんし、保険会社に申請しても保険金が下りなければ請求されることはありません。

晴れて保険金が下りた場合のみ、

その金額の一部を成果報酬額として支払うだけですので、利用者が手出しでお金を払う必要が一切ないんです!

利用者にとっては、

・無料で自宅の点検ができて、

・保険金が下りればラッキー!

・その場合は一部を支払うだけ

・だから手出しは一切不要!

メリットしかありませんよね!

実際に利用した方の感想

今なら1万円が貰えるキャンペーン中

Webから申し込みをされた方に限り、

1万円を貰えるキャンペーンを実施中です!

つまり無料現地調査で被害がない場合でも、

簡単なアンケートに回答するだけで1万円貰えちゃいます!

貰えるはずなのに貰いそびれている保険料!

この機会に火災保険を使ってみてはどうでしょう!?

詳しくは⇨台風・大雪・地震の物件被害調査プログラム

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をシェアしよう!


メルマガ登録しませんか?

   給料はそんなに上がらないし、
   かと言って副業は禁止されている公務員。

   投資には興味があっても、
   自分で情報をキャッチするのは面倒です。

   メルマガでは話題の投資情報や、
   お得にお金を増やせるプチ情報など
   最新の情報を無料で配信しています。

   またブログ記事が更新された際には、
   どこよりも早くお知らせします。

   登録は以下のリンクからどうぞ!