資産運用の前に読みたい節約術

公務員は保険に入りすぎ?どうせ保険に加入するなら貯蓄型保険がオススメです




公務員の方は本当に保険に加入しすぎです。

以前も書きましたが、公務員は入院や休職については手厚く保障されているので、本来は加入すべきではない保険に加入している人が大半を占めています。

公務員の入院費用はいくら必要?それでも生命保険は必要ですか?

2018.08.08

公務員は保険加入しすぎ!公務員に生命保険は必要?

2018.08.07

上の記事でも紹介していますが、入院を中心とした医療保険は過剰に加入する必要はありません。

しかし、公務員でも加入しておくべき保険もあります。

公務員が働けなくなった時の給料や保障は?就業不能保険のススメ

2019.02.16

公務員に医療保険は不要でも「がん保険」だけは必要!がん保険比較

2019.01.19

いくら医療保障が充実している公務員でもガンの保障まではありません。

また、病気で働けなくなった時、それが長期に渡る場合は保険としての備えも大切です。

さて、それでも保険が大好きなのは日本人の特徴の1つです。

私は無駄な保険を解約したことで、浮いたお金をFX自動売買クラウドファンディングに投資ができましたし、今でも資産運用ができていますが、投資に否定的な方は大勢いらっしゃいます。

このご時世ですから財形貯蓄や定期預金に頼ること自体が勿体ないのですが、それでも投資に対してネガティブな印象をお持ちの方も多いですよね。

公務員には財形貯蓄をオススメしない本当の理由

2018.09.18

ということで、どうせ保険に加入するなら普通の加入方法では勿体ないです!

今回は、貯蓄もできて万一の時も保障してくれる保険を考えてみます!

公務員なら入らないと損?貯蓄型保険とは?

通常の生命保険や医療保険の多くは掛け捨て型が主流です。

つまり、いざという時は助かる保険ですが、幸いにも健康で過ごせた場合の保険料は戻ってきませんよね。

一方で、貯蓄型保険はその名の通り、貯蓄しながら保険にもなる商品です。

ちなみに貯蓄型保険には以下のようなタイプがあります。

  • 終身保険
  • 学資保険
  • 個人年金
  • 養老保険

このうち、特にオススメしたいのが終身保険です。

実は加入の仕方によっては学資保険代わりにもなるので、子育て世代の方は注目の価値ありです。

養老保険は少し前までは主流だった保険商品ですが、私個人としてはあまり魅力を感じていません。

公務員は学資保険よりも貯蓄型の終身保険がいい

子育て世代の方の多くが加入している学資保険。

そのメリットは何でしょうか?

  • 子供の教育資金
  • イベント(入学や卒業)ごとにお金が貰える
  • 親に万一のことがあれば保険料免除

おそらくこんな感じですよね。

そして多くの学資保険では満額200万円前後が主流でしょう。

子供が産まれてすぐに加入した方も多いのではないでしょうか?

実は私も学資保険に加入していたのですが、思い切って解約して貯蓄型の終身保険に加入しました。

なぜかと言うと、終身保険の方がメリットが大きかったからです。

子供の部活への備えはコレ

LINEほけんが超便利でお得!

終身保険を学資保険の代わりに運用するメリット

ほとんどの学資保険は200万円から300万円が満額です。

もちろん契約者(親)に万一のことがあれば以降の保険料は免除されますが、それでも200万円前後では教育資金としては不足しています。

一方、貯蓄型の終身保険の場合は図のようになります。

保障が1,000万円の保険に加入したとします。

加入目的は万一の備えと教育資金ですから、例えば子供が高校に入学する際は、ここから100万円を降ろす(契約者貸付)ことで入学準備に必要なお金になりますし、万一契約者(親)に不幸があっても、今度は生命保険として1,000万円の保険金を受け取ることができます。

これって凄いと思いませんか?

学資保険であれば契約者に何かあっても数百万円しか受け取れませんが、貯蓄型終身保険の場合は万一の時にまとまった保険金を受け取れますから、教育資金としても安心できます。

他にも払い込み期間が予め決められている積立保険もありますので、教育資金のためだけに貯蓄したい方にはオススメです。

銀行の財形貯蓄でお金を貯めるなら積立保険の方が堅実!教育資金にもオススメ!

2019.03.19
低解約返戻金型終身保険

加入してからしばらくの間は返戻金が低く抑えられていますが、ある時期を超えると返戻金が一気にアップするタイプの保険です。

10年で払い込みが完了するタイプなど様々な保険商品があります。

個人年金はiDeCo(イデコ)がベスト

iDeCoは皆さんご存知かと思います。

個人型確定拠出年金のことですよね。

公務員でも将来への備えは大切ですから、iDeCoへの加入は必要だと思います。

ただ、子育て世代の方は子供に必要な教育資金を工面する方が優先です。

貯蓄型終身保険で失敗しないために

貯蓄型終身保険は多くの種類があるため、保険の知識がない方にとって最適の保険を選ぶのは難しいですよね。

最近ではドル建てや外資系保険も多く登場しているため、保険商品の選定がさらに難しくなっています。

せっかく貯蓄型終身保険に加入したのに損した!なんてことも・・

そうならないために必要なことは貯蓄型終身保険を専門に無料でコンサルトしてくれる保険相談コンシェルジュを利用することです。

保険で重要なことは、特定の保険会社だけに的を絞るのではなく、中立的な立場から相談に乗ってくれるコンサルタントを利用することです。

保険会社の外交員の場合は、自社の商品しか薦めてきませんからね。

保険相談コンシェルジュは、通常の保険にプラスして貯蓄型保険のノウハウも持ち合わせていますので、保険で貯蓄したい人や投資にネガティブな印象をお持ちの方は利用してはいかがでしょうか。

節約したい公務員向けの保険相談コンシェルジュ4選(全て無料)

2019.07.29
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をシェアしよう!




無駄を減らして一石二鳥
楽天を駆使してお金を作ろう!

資産運用は大金が必要?
株や投資信託は難しい?
いいえ!
楽天を使うことで簡単にお金を作れます!